中性脂肪 運動不足

中性脂肪の原因は運動不足?

よく健康診断などで、中性脂肪の基準値が高めと診断される人に多いのが「肥満」です。

 

普段はあまり気にしていない人でも、健康診断という場で指摘されて、改めてご自身の体をみて、「そういえば、最近太ってきたな・・・」

 

なんて事はありませんか?

 

 

実際、健康診断とかにかかわらず、お家や会社で、「なんかお腹が出たね」とか、ありますよね。

 

 

これは明らかに運動不足である場合がほとんどです・・・。

 

 

肥満の人が中性脂肪の基準値が高めなのはなんら不思議な事ではありません。

 

 

勿論、食べすぎや飲みすぎでの肥満、お腹が出たんだと言う人もいる事でしょう。

 

 

ただ、総じて、そのような人は皆運動不足であるといって過言ではありません。

 

 

適度な運動は、健康のためには欠かせませんが、面倒だったり、仕事で疲れていたリすると中々体を動かすのも億劫だと思います。

 

 

そうは言っても、中性脂肪が気になるなら、ある程度の運動は必須です。

 

 

中性脂肪の基準値改善には有酸素運動がおススメ

 

 

中性脂肪の基準値の改善の為の運動としては、有酸素運動が効果的と言われています。

 

有酸素運動と言えば、ジョギング・ウォーキングといった、長時間動きながらも、心臓に対して低負荷で行える運動を指します。

 

 

 

このような適度な運動によって、人間は、アドレナリンやノルアドレナリンが上昇していきますので、その結果、インスリン濃度が低くなり、筋肉の中にあるリパーゼが活性化して、中性脂肪が減少するのです。

 

 

 

ちなみに、有酸素運動の中でオススメなのは、上記のジョギング等はもちろんですが、そのほかにも、サイクリングや水泳もいいですね。

 

 

ウォーキングについては、中性脂肪の改善以外にも、足腰も丈夫になり、ストレス解消にも繋がります。

 

 

普段の生活リズムに取り入れるのであれば、ジョギングやウォーキングが良いと思いますが、サイクリングなどは気分天下にもいいかもしれませんね。

 

 

 

運動不足は、体への不調に直結します。

 

 

ご自身のためにも家族のためにも適度な運動を意識してみましょう!

 

肥満対策サプリ「シボヘール」レビューはこちら