中性脂肪 減らす 食事レシピ

中性脂肪を減らすためのオススメ食事レシピ集!

30代40代に入ってくると、前と同じように食事をしていてもおなか周りにお肉がついてきてしまう、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

すっきりとしたラインを目指すためにも毎日の食事から見直してみることが大事です。

 

中性脂肪 減らす 食事

 

余分なお肉は中性脂肪によるものが多いのでこれを減らす簡単で美味しいヘルシーレシピをご紹介します。

 

鶏肉の酢玉ねぎソース

 

鶏肉は高たんぱく低脂肪の食材です。
これに血液をサラサラにしてくれる酢玉ねぎを使ってソースで味をつけます。

 

用意するもの(4人分)

 

  • 鶏肉 4枚
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく ひとかけ
  • 酢 大さじ3
  • 塩コショウ 適量

 

@鶏肉に塩コショウをして5分ほどおきます。
A玉ねぎをみじん切りにしてお酢にひたします。
B鶏肉を皮面からパリッと焼きます。
C酢玉ねぎを鶏肉が入ったフライパンに投入しにんにく(チューブでもよい)、醤油を回しいれて出来上がりです。

 

このレシピのコツは鶏肉を焼いているときに出てくる油をこまめにキッチンペーパー等でふきとることです。
それにより余分な油もとれ、ソースもよく絡まります。

 

 

サバの煮つけ

 

中性脂肪 減らす レシピ

 

中性脂肪を減らすのに1番効果的な青魚レシピです。

 

用意するもの(4人分)

 

  • 鯖 4切れ
  • 水 250cc
  • 醤油 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 生姜 ひとかけ

 

@サバは塩を振って5分ほどおき、出てきた水分をよくふきとります。
Aサバに味がよくしみこむように切れ目を入れます。
B鍋に調味料の水・砂糖・醤油・みりん・酒を入れて、中火で火にかけます。
C煮たってきたらサバ・生姜を入れて、サバに火が通り煮汁が煮詰まってきたら出来上がりです。

 

 

豆腐と水菜ときゅうりのザーサイサラダ

 

豆腐も高たんぱく低脂肪の優れた食材です。
ザーサイの歯ごたえと手作りドレッシングの美味しいレシピです。

 

用意するもの(4人分)

 

  • 木綿豆腐 1丁
  • 水菜 一袋
  • きゅうり 1本
  • 醤油 大さじ4
  • ザーサイ瓶づめ(お好みの量)
  • にんにくチューブ (2cm位)
  • ごま油 少量(香りづけ)

 

@豆腐の水を切ります。
A水菜は3、4cm位のざく切りにします。
Bきゅうりは3、4cm位の細切りにします。
Cにんにくチュ―ブ、醤油、ごま油(香りづけ程度)をいれて混ぜておきます。
Dボールに水切りして食べやすく切った豆腐、水菜、きゅうりを入れてCを入れて軽く混ぜて出来上がりです。

 

いくつか中性脂肪を減らすためのオススメ食事レシピご紹介させていただきましたが、どれも比較的簡単にすぐにでも実行できてしまうレシピになると思いますので是非お試しください。

 

 

<一緒に良く読まれている記事>

 

中性脂肪対策におすすめのトクホ商品「イマークS」購入者の口コミ

中性脂肪を減らすためのオススメ食事レシピ集!関連ページ

内臓脂肪がつきにくく減らせる効果的な食事とは?
食事のとり方を工夫すれば、内臓脂肪がつきにくい身体に変えることが出来ることをご存知ですか? 実は、内臓脂肪はそんなに恐れることはないのです。
高中性脂肪の状態を改善するには規則正しい食生活が基本
高中性脂肪の状態を改善、予防するためには、きちんと1日の食事を意識して摂る事はもちろん大切ですが、 それ以上に重要なのは、時間的にも規則正しい食生活なのです。
中性脂肪を減らすには、野菜を忘れずにバランスの良い食事が必須
中性脂肪を減らすためには、食事の栄養バランスをとることは欠かせません。 日本人の食生活も様変わりするなか、野菜不足が中性脂肪の基準値を上げていると言ってもいいすぎではないのかもしれません・・・。
中性脂肪の基準値を適正に保つにはやっぱり和食?
日本人が中性脂肪の基準値を上げないようにするのは、やはり「和食」がポイントになると言えるでしょう。 和食のメリットや現代人の食生活の問題についてお話ししてみたいと思います。
中性脂肪を減らすには魚と大豆の摂取を
中性脂肪を減らすためには、和食の基本とも言える、魚と大豆製品は欠かせません。 その理由などについて。
コレステロールの摂り方に注意!
中性脂肪と言えば、切っても切り離せないものの一つに「コレステロール」があります。 コレステロールは摂り方次第で善にも悪にもなるということを意識してみませんか?
砂糖や果糖は吸収が早く中性脂肪になりやすい?
中性脂肪の基準値が気になるのでしたら、砂糖や果糖といった糖質の摂り方に注意してみましょう。 その理由についてご紹介致します。
中性脂肪を抑える役割をするビタミンB群が不足すると肥満傾向に
中性脂肪を抑えるためには、ビタミンB群の働きが実は大切です。 もし不足すると肥満に繋がりやすくなるその理由とは?
生活習慣病の原因「活性酸素」対策にビタミンCとE
中性脂肪の基準値が高くなると生活習慣病のリスクが高まりますが、その大きな原因となる「活性酸素」への対策としてビタミンCとEは欠かせません。 その理由や摂取できる食材とは?
中性脂肪を減らすための食事(カロリー摂取)の基本について
中性脂肪を減らす、基準値を抑えるためには、日ごろの食事におけるカロリー摂取量のバランスを保つことは欠かせません。 食べたいものを好きなだけ口にできない事は苦痛かもしれませんが、病気になっては元も子もありません。 健康であるための基本の食生活についてまとめてみました。