高中性脂肪の状態を改善するには規則正しい食生活が基本

高中性脂肪の状態を改善するには規則正しい食生活を維持する

test

 

近年は、「1日1食」を推奨するお医者さんや著名人が多くなりましたね。

 

 

一般的には、「1日3食」となっていますが、正直なところ、どちらが正しいと決める事は困難なのかもしれません。

 

 

実際、1日1食で、健康で肥満体型とは無縁の方も多数いらっしゃいます。

 

 

有名人では、水谷豊さん、福山雅治さん、Gacktさんなどがそうです。

 

 

いずれも、スリムな体型を維持しています。

 

 

その他、大御所では、タモリさんやたけしさんも1日1食ですが、スリムとは言わないまでも、元気で健康なのは、テレビなどでも見て取れますね。

 

 

ただ、一つだけハッキリ言えるのは、夜遅い時間の食事はお勧めできないということですね。

 

 

人間は、昼間の消化能力に反して、夜は吸収能力が高まります。

 

 

そのため、夜食を摂り就寝という行為は、まさに中性脂肪を蓄えるための行動となります・・・。

 

 

よく言われることですが、就寝前の3時間は、何も食べないようにすることが高中性脂肪対策の基本と言っても良いでしょう。

 

 

なので、1日3食なのか、1食なのかは、人ぞれぞれ合う合わないや体調にもよりますので、興味がある方は、「1日1食生活」にチャレンジしてみても面白いかもしれませんね。

 

 

ただ、今回は、あくまで「1日3食」というリズムで食生活を贈っている場合を想定して、高中性脂肪の予防や改善のために、食生活において重要な基本をお伝えしたいと思います。

 

 

 

日々の食事の時間を規則正しくする事が高中性脂肪改善の基本

 

 

1日に3回の食事を摂る事自体は、それほど難しいことではないと思います。

 

 

仕事が忙しい時等、朝や昼を抜く事は、多くの方が経験しているとは思いますが、それでも、基本的に3食摂る様にされている方が沢山いらっしゃるのも事実です。

 

 

その事を前提に申し上げると、高中性脂肪の改善や予防のためには、1日3食をきちんと摂ること以上に、「食事の時間を規則正しくする」ということが、大きなポイントになると言えます。

 

 

「こっちは忙しいのに、食事の時間まで規則正しくとか勘弁して」と、思われかもしれませんが、高中性脂肪の改善には、食事の習慣も重要になります。

 

 

適切な食事は、食べる量と栄養のバランスなのは、今更言うまでもないことではございますが、食事をする時間を決める事で、一定のリズムを体が記憶していくため、食間の空腹感が抑えられるようになります。

 

 

規則正しい食生活によって、人間の脳への空腹感が現れにくい状態になっていくのです。

 

 

最初は大変なのは間違いありません。

 

 

働いてい環境や職種によって、規則正しく食事をできるのが、朝だったり、昼だったり、夜だったり、マチマチだと思います。

 

 

場合によっては、朝昼は少量で、夜お腹いっぱいに食べるという人もいるでしょう。

 

test

 

間食が止められない人も少なくないとは理解していますが、それでも、食事の時間を固定化する事ができれば、余計な間食や食べすぎが抑えられるので、高中性脂肪の改善には着実に繋げることができるも確かです。

 

 

欲を言えば、そこに運動習慣が加わればベストなのですが、いきなりそこまでは大変だと思いますので、まずは、規則正しい食事を行える様に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

 

 

トップページに戻る

高中性脂肪の状態を改善するには規則正しい食生活が基本関連ページ

内臓脂肪がつきにくく減らせる効果的な食事とは?
食事のとり方を工夫すれば、内臓脂肪がつきにくい身体に変えることが出来ることをご存知ですか? 実は、内臓脂肪はそんなに恐れることはないのです。
中性脂肪を減らすには、野菜を忘れずにバランスの良い食事が必須
中性脂肪を減らすためには、食事の栄養バランスをとることは欠かせません。 日本人の食生活も様変わりするなか、野菜不足が中性脂肪の基準値を上げていると言ってもいいすぎではないのかもしれません・・・。
中性脂肪の基準値を適正に保つにはやっぱり和食?
日本人が中性脂肪の基準値を上げないようにするのは、やはり「和食」がポイントになると言えるでしょう。 和食のメリットや現代人の食生活の問題についてお話ししてみたいと思います。
中性脂肪を減らすには魚と大豆の摂取を
中性脂肪を減らすためには、和食の基本とも言える、魚と大豆製品は欠かせません。 その理由などについて。
コレステロールの摂り方に注意!
中性脂肪と言えば、切っても切り離せないものの一つに「コレステロール」があります。 コレステロールは摂り方次第で善にも悪にもなるということを意識してみませんか?
砂糖や果糖は吸収が早く中性脂肪になりやすい?
中性脂肪の基準値が気になるのでしたら、砂糖や果糖といった糖質の摂り方に注意してみましょう。 その理由についてご紹介致します。
中性脂肪を抑える役割をするビタミンB群が不足すると肥満傾向に
中性脂肪を抑えるためには、ビタミンB群の働きが実は大切です。 もし不足すると肥満に繋がりやすくなるその理由とは?
生活習慣病の原因「活性酸素」対策にビタミンCとE
中性脂肪の基準値が高くなると生活習慣病のリスクが高まりますが、その大きな原因となる「活性酸素」への対策としてビタミンCとEは欠かせません。 その理由や摂取できる食材とは?
中性脂肪を減らすための食事(カロリー摂取)の基本について
中性脂肪を減らす、基準値を抑えるためには、日ごろの食事におけるカロリー摂取量のバランスを保つことは欠かせません。 食べたいものを好きなだけ口にできない事は苦痛かもしれませんが、病気になっては元も子もありません。 健康であるための基本の食生活についてまとめてみました。
中性脂肪を減らすためのオススメ食事レシピ集!
中性脂肪を減らすため、上げない予防にオススメの食事レシピをいくつかご紹介させていただきます。