コレステロールの摂り方に注意

コレステロールの摂り方に注意!生活習慣病の危険度を抑える食べ方について

test

 

中性脂肪の基準値が高い方の多くに見受けられる傾向として、コレステロールをとりすぎているという事があります。

 

 

そもそも、肥満=コレステロールというイメージをもたれている人も少なくないので、特に驚きもないお話なのかもしれませんが、コレステロールをとりすぎると、高血圧や動脈硬化といった症状の原因となります。

 

 

そういった意味では、肥満とコレステロールは密接なものであり、生活習慣病に対するリスクが高まるという事は言うまでもありません。

 

 

 

コレステロールに注意すべき食品だけど避けすぎも問題?

 

 

一般的にコレステロールを多く含むとされている食品には以下のようなものがございます。

 

 

  • バター
  • 生クリーム
  • 鶏の卵
  • レバー
  • ベーコン
  • 肉の脂身
  • たらこ
  • ししゃも
  • フォアグラ
  • 白子
  • あんきも

 

といったものがあります。

 

 

フォアグラやあんきもといったところは、普段頻繁に口にすることはない方の方が多いとは思いますが、鶏の卵やバターを始め、ベーコンや肉の脂身はよく口にする食品になるはずです。

 

test

 

だからといって、鶏の卵などは、たんぱく質を含むので、人間にとって大切なエネルギー源でもあります。

 

 

卵に限らず、実はコレステロールを多く含む食品には、ビタミンやミネラルが含まれているものが少なくないので、あまり避け過ぎるのもよくないのです。

 

 

重要なのは、「摂取する栄養が偏らないようにすること」です。

 

 

あくまで、コレステロールの摂取量を減らすという捉え方で食品のバランスをとりましょう。

 

 

ちなみに、成人の場合でコレステロールの適正摂取量とされているのは、300mg〜400mg(1日あたり)になります。

 

 

中性脂肪の基準値が高めである場合は、300mgまでに抑えることが理想です。

 

 

 

コレステロールを摂りすぎない食べ方とは?

 

 

中性脂肪の基準値を改善するためには、コレステロールの摂取量を減らすために、単純に該当する食品を食べないのではなく、その食べ方に気をつけるようにしていきましょう。

 

 

鶏の卵の場合であれば、1日に口にする量を2分の1個にする、あるいは卵白だけにするといったものです。

 

 

魚であれば、頭から丸ごとかじれるような「ししゃも」などの小魚は極力控え、それ以外でも、内臓は口にしないなどの工夫が有効です。

 

test

 

 

こういった摂取方法であれば、コレステロールを抑えつつ、その他のたんぱく質やビタミンといった大切な栄養は摂る事ができます。

 

肥満対策サプリ「シボヘール」レビューはこちら

コレステロールの摂り方に注意!関連ページ

内臓脂肪がつきにくく減らせる効果的な食事とは?
食事のとり方を工夫すれば、内臓脂肪がつきにくい身体に変えることが出来ることをご存知ですか? 実は、内臓脂肪はそんなに恐れることはないのです。
高中性脂肪の状態を改善するには規則正しい食生活が基本
高中性脂肪の状態を改善、予防するためには、きちんと1日の食事を意識して摂る事はもちろん大切ですが、 それ以上に重要なのは、時間的にも規則正しい食生活なのです。
中性脂肪を減らすには、野菜を忘れずにバランスの良い食事が必須
中性脂肪を減らすためには、食事の栄養バランスをとることは欠かせません。 日本人の食生活も様変わりするなか、野菜不足が中性脂肪の基準値を上げていると言ってもいいすぎではないのかもしれません・・・。
中性脂肪の基準値を適正に保つにはやっぱり和食?
日本人が中性脂肪の基準値を上げないようにするのは、やはり「和食」がポイントになると言えるでしょう。 和食のメリットや現代人の食生活の問題についてお話ししてみたいと思います。
中性脂肪を減らすには魚と大豆の摂取を
中性脂肪を減らすためには、和食の基本とも言える、魚と大豆製品は欠かせません。 その理由などについて。
砂糖や果糖は吸収が早く中性脂肪になりやすい?
中性脂肪の基準値が気になるのでしたら、砂糖や果糖といった糖質の摂り方に注意してみましょう。 その理由についてご紹介致します。
中性脂肪を抑える役割をするビタミンB群が不足すると肥満傾向に
中性脂肪を抑えるためには、ビタミンB群の働きが実は大切です。 もし不足すると肥満に繋がりやすくなるその理由とは?
生活習慣病の原因「活性酸素」対策にビタミンCとE
中性脂肪の基準値が高くなると生活習慣病のリスクが高まりますが、その大きな原因となる「活性酸素」への対策としてビタミンCとEは欠かせません。 その理由や摂取できる食材とは?
中性脂肪を減らすための食事(カロリー摂取)の基本について
中性脂肪を減らす、基準値を抑えるためには、日ごろの食事におけるカロリー摂取量のバランスを保つことは欠かせません。 食べたいものを好きなだけ口にできない事は苦痛かもしれませんが、病気になっては元も子もありません。 健康であるための基本の食生活についてまとめてみました。
中性脂肪を減らすためのオススメ食事レシピ集!
中性脂肪を減らすため、上げない予防にオススメの食事レシピをいくつかご紹介させていただきます。