中性脂肪が招く「脂肪肝」その原因とは?

test

 

中性脂肪がもたらす病気に、「脂肪肝」があります。

 

 

その病名からお察しかと思いますが、肝臓へ脂肪が溜め込まれている状態を意味します。

 

 

通常、健康な人の肝臓に含まれているとされる脂肪量は、約3%から5%程度になります。

 

 

しかし、中性脂肪の基準値が高く、肥満体型の人の場合、その脂肪量が、数十%にもなります。

 

 

脂肪肝と診断される基準としては、約30%を超えたあたりになります。

 

 

肝臓へ脂肪が溜まりすぎてしますと、本来の機能を果たせなくなりますので、代謝や解毒といったことが不十分になります。

 

 

そのため、脂肪肝になると、疲労感や吐き気、便秘といった症状が見られるようになります。

 

 

ただ、脂肪肝の場合も、糖尿病と同様に自覚症状があまり無いケースが多いため、自分が脂肪肝なのではと気にかける人が少ない現状があります。

 

 

 

脂肪肝を引き起こす主な原因とは?

 

 

脂肪肝の原因となるのは、多くの場合、「肥満」と「アルコール」と言えます。

 

test

 

肥満の原因は、食事と運動不足が関係してきますが、基本的に食事は高カロリーの物が多く、食生活が原因となって、「過栄養性脂肪肝」となります。

 

 

一方、アルコール類を飲み過ぎる人は「アルコール性脂肪肝」とも呼ばれ、そこには中性脂肪が密接に関係しています。

 

 

なんでも、そうですが、適量というものがありますので、食事もお酒も過剰に摂取すると中性脂肪の基準値も高くなる傾向になり、結果的に「脂肪肝」の症状が現れることに繋がります。

 

 

 

生活習慣に気をつければ、それほど怖くない脂肪肝

 

 

脂肪肝の怖いとこころは、それ自体を発症する事ではなく、そこから他の生活習慣病へと繋がって行くことです。

 

 

脂肪肝とは、その第一歩なのです。

 

 

ですから、過食やアルコールを飲む量を意識して抑えることで、脂肪肝を防ぐことは可能です。

 

 

もちろん、軽めで良いので、日々適度な運動を行う事が好ましいのは言うまでもありません。

 

 

食生活と運動といった、普段の生活を少しずつでも見直す事で、脂肪肝そのものは怖くはありませんので。

 

 

トップページに戻る