急性膵炎とは?原因と特徴

急性膵炎とは?原因と特徴について

test

 

中性脂肪と深い関わりのある病気に、急性膵炎(きゅうせいすいえん)というものがあります。

 

こちらは、膵臓(すいぞう)の病気になりますが、急性膵炎を発症する原因としては、高中性脂肪血症が関係しています。

 

 

高中性脂肪血症は、膵臓が血糖値の安定を担う、「インスリン」や「グルカゴン」といった各種消化酵素を分泌する役割を果たしているいことと深く関わっています。

 

この消化酵素の中には、「リパーゼ」というものがあり、こちらは脂肪を分解してくれる酵素になります。

 

 

高中性脂肪血症は、中性脂肪と密接な関係にあり、リパーゼが活性化することで、膵臓内において脂肪を分解するのです。

 

その結果、膵臓内において「遊離脂肪酸」と「リゾレシチン」という脂質が出来ることによって、細胞膜を破壊する事になり炎症が起こります。

 

その時に痛みが生じるのが、急性膵炎となるのです。

 

 

 

急性膵炎を引き起こす主な原因はアルコール

 

急性膵炎の主な原因となるのは、アルコールの過剰摂取です。

 

test

 

実は、このあたりの仕組みについてはまだ解明できていないことも多く、推測の域を出ませんが、アルコールが膵臓の分泌機能を亢進させる反面、膵液を十二指腸へと流しだす働きをする、「膵管」の出口付近が、アルコールによってむくみが生じてしまい、膵液が膵臓内に残ることで、胆汁が逆流を起こして、消化酵素が活性化されてしまい、細胞が自己破壊を起こすとい見られています。

 

 

アルコール以外にも、脂肪分の多い食事などからも、十二指腸潰瘍や胆道炎といったことから「急性膵炎」を引き起こす事もございます。

 

男性の場合は、お酒の飲みすぎによるものが多いと言われています。

 

 

 

急性膵炎の特徴とは?

 

急性膵炎は、その名の通り、突然その症状が現れることが多いです。

 

症状の特徴としては、腹部の痛みです。

 

test

 

その多くは、上腹部になkyuseisuienり、痛みが酷い場合、立てないくらいの激痛が走る事もあります。

 

急性膵炎の痛みは、徐々に強まって行きますので、多臓器不全や場合によっては、命の危険に繋がることも少なからずあります。

 

 

時として、腰や背中まで痛みが広がるため、その他の病気との判断がつきにくい面もあるため、間違っても痛みを我慢しようなどとは思ってはいけません。

 

吐き気をもよおすケースもありますので、速やかに医療機関での診察を受ける必要があります。

 

 

トップページに戻る