中性脂肪 狭心症

狭心症の症状と原因について

中性脂肪の基準値が高いと気にされるかたには、いくつか気を付けたい病気がありますが、その中の一つに「狭心症」がございます。

 

狭心症と、発作的に、胸に痛みや圧迫感を引き起こす症状です。

 

狭心症は、発作の起こり方によって、細かく分類されています。

 

安静狭心症、器質型狭心症、労作性狭心症、安定狭心症、不安定狭心症、異型狭心症というように分けられています。

 

 

安静狭心症

 

こちらはその名の通り、身体を動かさずに安静にしている時に起きる狭心症になります。

 

安静型の大部分は、冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせい きょうしんしょう)に該当します。

 

冠攣縮性狭心症とは、冠動脈の一部が激しく痙攣(けいれん)を起こしてしまう、冠れん縮が原因で起こる狭心症を指します。

 

冠れん縮が起こすと、冠動脈の一部が急激に細くなりますので、動脈硬化により冠動脈が細くなった状態と一時的ではありますが、同様の状態が起きてしまい、その結果、体内の血流が悪くなって心筋が酸素不足を引き起こすことで狭心症の発作が発生するのです。

 

ちなみに、この冠れん縮が起こりやすいとされるのは、睡眠中の明け方と言われています。

 

それ以外には、明け方から午前中、もしくは冬場など急激に体が冷えたとやお酒を飲んでいるときにも起こるケースがございます。

 

安静時狭心症の発作は、発生から長い人で10分ぐらい続くこともあります。

 

 

 

器質型狭心症

 

器質型とされるのは、心筋の冠動脈が細くなり発症する狭心症になります。

 

冠動脈が細くなることを狭窄と申しますが、高血圧であったり糖尿病や高コレステロール血症といった、いわゆる成人病に関連して狭窄になる場合があります。

 

しかし、狭窄は老化によっても起こるとされており、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

 

どちらにしても、血管が狭窄し十分な酸素や血液が心臓まで届かなくなることから心筋症になるケースがあります。

 

 

 

労作性狭心症

 

労作性狭心症では、胸の圧迫感や締め付けおよび痛みも生じます。

 

場合によっては、その症状が、肩やのど、そして歯に広がることあります。

 

労作性では、通常歩行や階段などの労作によって症状が生じ、しばらく安静にしているとその症状は治まってきます。

 

 

安定狭心症

 

安定狭心症では、動脈硬化が進んで血管が年輪のように狭くなっていく状態になります。

 

この次にご紹介する、「不安定狭心症」との違いとして、胸部症状は症状として表れているものの、1か月以上安定いるケースを指します。

 

 

不安定狭心症

 

不安定タイプは、プラークが一気に破裂する状態になります。

 

この場合のプラークとは、動脈硬化層内に脂質と遊走してきたマクロファージがたくさん詰め込まれており、コレステロールを貪食することで、とこのプラークが不安定になり、その結果、炎症を引き起こし、いつ破裂してもおかしくない状態になります。

 

※こちらは、発症1か月以内であり,症状は悪化していく傾向にあります。

 

異型狭心症

 

異型型は、心臓の血管が極度に縮んでしまうために生じます。

 

このケースでは、決まった時間帯であったり、特定のきっかけから、胸部の圧迫、締め付け、息切れが起こります。

 

中には、肩口やのどの違和感を感じる方もいます。

 

基本的に、朝の決まった時間帯に症状が現れるケースが一般的となります。

 

※飲酒後や喫煙時に症状が発生した事例もあります。

 

 

このように、「狭心症」といっても、様々な症状やタイプがありますが、基本的に胸部の痛みを伴いますので、注意が必要です。

 

もしあなたが、「狭心症かも?」と思われた時は、発作の状態により、速やかに医療機関にて診察をおすすめします。

 

 

<発作がすぐにおさまる場合>

 

胸部等へ症状が現れたが、数分程度で改善した場合は、救急病院の受診までは必要ございませんが、症状の発生から、できれば数日以内に循環器科か内科にてを受診ください。

 

急激な運動は避け、喫煙は控えてください。(血管を収縮させてしまうため)

 

 

<発作がすぐに治まらない場合>

 

狭心症の発作が、5分以上続く場合や1日のうちに複数回発作を繰り返したりする場合は、、「不安定狭心症」や「心筋梗塞」を疑う必要がありますので、医療機関にて緊急の処置が必要となります。

 

そのような場合、体が非常に不安定な状態にあるため、症状が医療機関へ行く途中で急変する可能性も考えられますので、マイカーややタクシーでの移動は危険を伴いますので、救急車を要請するべきかを救急病院と相談の上、指示に従うようにしてください。

 

このように狭心症とは、とても怖い病気となります。

 

中性脂肪の基準値が高い方は、血がどろどろであったり、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

 

test

 

 

動脈硬化は、心臓の動脈が狭くなったり血液が十分に通らなってしまいます。

 

そのような状態になると、心臓の筋肉に酸素が十分に届かない状況になりますので、狭心症等につながる場合があります。

 

そのようなこともあり、中性脂肪の基準値は意識しておくほうが賢明といえますね。

 

 

>>>トップページに戻る