閉塞性動脈硬化症とは?

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

test

 

動脈硬化の原因に、中性脂肪値が異常値レベルであることが挙げられます。

 

 

動脈硬化が進む事で気をつけなければならないのが、閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)です。

 

 

閉塞性動脈硬化症とは、全身の動脈が硬化していくことによって、内径の細い部分が生じてくるようになり、血流が滞りやすくなっていく症状になります。

 

 

 

足の壊死が進むのが閉塞性動脈硬化症

 

 

閉塞性動脈硬化症の症状が最も出やすいのが下股です。

 

test

 

症状が出始めると、激しい運動などを行った際に、足にしびれが出る様になります。

 

 

そこからさらに進行していくと、痛みが強くなり、筋肉の硬直が起きるようにもなります。

 

 

このような症状が出始めると、一時的な歩行困難になります。

 

 

このような場合は、暫く休み事で、歩行出来る状態に回復します。

 

 

なぜ歩けないような症状が出るかと言いますと、血流が滞ることによって酸素供給が不足するからなのです。

 

 

この状態を「間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)」と呼びます。

 

 

この症状が進むと、足にちょっとした傷ができたくらいでも、壊死が起こる様な状態になります。