中高年 太りやすい

中高年が太りやすく中性脂肪の基準値が高くなりやすい理由とは?

若い頃と比べて、太りやすくなったと感じている中高年の方は少なくありません。

 

test

なぜ、太りやすくなってしまうのか?

 

中高年が太りやすい原因というのは、実はその食生活にあります。

 

一般的に、40代以降は基礎代謝の変化で太りやすく痩せにくくなると言われています

 

 

そもそも、40代以降は、仕事や家庭での環境変化が起こりやすくなり、肥満になりやすいとされています。

 

心当たりのあるかたも多いのではないでしょうか・・・。

 

基礎代謝の変化は、脂肪が落とし辛くなります。

 

当然の事ながら、脂肪が落ちないという事は<体内に蓄積されている>という状態です。

 

20代?30代の頃と同じような食事を取ってしまうと、燃焼される脂肪より蓄えられる脂肪の方が増えてしまいがちなんですね。

 

見た目に肥満と分かれば、ダイエットに取り組む方も多いと思いますが、このダイエットも、実は多くの方が、その方法を間違えてしい、結果がでていないのです。

 

40代以降のダイエットというのは、太りやすく痩せにくくなっている事をふまえて取り組む必要がありますので、そのあたりの注意点などについてご紹介してみたいと思います。

 

中高年からのダイエットと注意点

 

実は、体脂肪を1キロ落とす為には、「フルマラソン3回分の運動が必要」と言われています。

 

そもそも、体脂肪を1キロ落とすには、約7200kcalを消費しなければなりません。

 

それだけのカロリーを消費するには、それくらいの運動が必要なんです・・・。

 

test

 

中々、それだけの運動をこなせる人は、現実問題いらっしゃらないと思いますので、まずは基本的な食生活の見直しを最優先する方が懸命だと思います。

 

40代以降、中高年とされる年代からのダイエットについては、まず根本的に、若い時と比べて生活習慣が変わっているという事があります。

 

 

そのため、まずは自分の環境を客観的にみる必要があります。

 

実は、中高年で肥満に悩んでいる方の中には、1日の総カロリー自体は少なくても太っていらっしゃるケースがございます。

 

このような方の場合、極端な食事制限を繰り返している事が多々あります。

 

極端な食事制限は、脳がエネルギーが足りないと判断してしまい、<溜め込みモード>に入り、栄養の吸収モードに入ってしまいます。

 

そうすると、エネルギーが体脂肪として体内に蓄積されるため、そのような極端な食生活を長く続ければ続ける程、あなたの身体は<太りやすく痩せにくい体質>になってしまうのです・・・。

 

そうなんです。

 

食事制限は、痩せようと思って極端な事をすると、40代以上ともなると、体にとってよくないのですね。

 

test

 

それ以外にも、普段の食事以外の時間帯などに、甘いものを食べると、脳が血糖値を上げるように身体に命令します。

 

それが続くと、脳の方から当たり前のように命令がいくようになり、中途半端な時間におやつなどを食べるように命令を出してしまうのです・・・。

 

 

エネルギーとして使い切れなかった炭水化物というのは、中性脂肪に変わるので注意が必要です。

 

出来れば、食事の時は、野菜を3食とも入れるようにしてください。
※ボウルサイズがベストです。

 

そして重要なのは、その野菜を食事の最初に必ず食べる事

 

そうすることで、満腹感を早めに得られるので、食べ過ぎを防げるようになります。

 

野菜を沢山食べるのは、お腹を満たすためなので、他の食材を野菜に混ぜるのはダイエット効果が上がらなくなるので気をつけてください。

 

さらにもう一点、お気を付け頂きたい事が、体質に変化が起こりやすい40代以降は、身体に良いと言われるものを摂りすぎる傾向があります。

 

test

実は、身体に良くても糖質はそれなりにあるものというのは案外多く、よかれと食べ続けていると逆効果になるケースがあります。

 

例えば、トウモロコシ、カボチャ、芋類、は糖質が多く食べ過ぎては行けない穀物と言えますので、気をつけましょう。

 

 

反対に、何かを抜くダイエットは継続が難しくリバウンドに繋がりやすです。

 

そういったダイエットの場合、一度成功すると、「リバウンドしてもまたダイエットすればいい」と考える方がいらっしゃいますが、それは、体質の悪循環に陥りますので、絶対そのような考え方は避けてください。

 

ダイエットと停滞期について

 

ダイエットしても思うように結果が出ない理由として、停滞期とリバウンドがあります。

 

ダイエットを行っていると、ある一定のところで、体重が落ちなくなってきます。

 

これが、<停滞期>と言われるものです。

 

ダイエットでは、この停滞期をいかに乗り越えるかが重要なポイントになります。

 

人間の脳というのは、ダイエットにより摂取カロリーが減る状態を認識し、エネルギーの消費を抑えようとします。

 

その状態になると、体内に食べ物が入った時に、「蓄えなければ!」と脳が身体に指示をだします。

 

この状態になる事で、体脂肪が蓄えられるモードに入りますので、いくらダイエットを頑張っていても体重が落ちない、変わらないといった事が起こります。

 

しかし、ここで諦めては元の木阿弥です・・・。

 

この状態を耐える事で、今度は脳が、その状態が正常なものだと認識するようになります。

 

そうなると、エネルギーを蓄えようとする危機モードから正常な状態に戻っていきますので、そこからまた体重にも変化が見えてきます。

 

この<停滞期>をいかに耐えて乗り越えられるかが、あなたのダイエットの成功の可否を決めるといっても大げさではありません。

test

 

そして、体脂肪というのは、空腹時に燃焼しやすいので、睡眠明けの朝食前が一番効果的に脂肪を燃やす事ができますので、朝食前の運動はお勧めです!

 

例えあなたが日々運動をしている場合でも、夜に食事を済ました後に運動をすると、エネルギーを蓄えてしまい、効果が思うように出ない状態になりますので、そこはご注意下さい。

 

これらの点を意識して日々の生活習慣を見直していけば、太りやすく痩せにくい体質への対策となりますので、中性脂肪の基準値も高くなる事を防げると思いますよ。

 

肥満対策サプリ「シボヘール」レビューはこちら