中性脂肪 基準値高い

甘いモノの食べすぎに注意!

あえて言うまでもないと思われるかもしれませんが、甘い物を摂り過ぎると、肥満は勿論の事、中性脂肪も増えていきます。

 

普段よく甘いものを食べる(間食も多い)人の多くは、中性脂肪の基準値が高いのが現実です・・・。

 

現代は、「ストレス社会」です。

 

 

test

長く続く景気の低迷や人間関係のストレス、甘いものが欲しくなる気持ちもわかります。。。

 

特にストレスが多い時や疲れている時は、甘いものが欲しくなるものです。

 

いくら中性脂肪の基準値や肥満が気になるからといって、甘いものを我慢ばかりしていると余計にストレスが溜まる事でしょう。

 

そもそも疲れている時やストレスを多く感じる時に甘いものが欲しくなるのは自然な事なのです。

 

なぜなら、甘いものに含まれている「糖分」が体の中でブドウ糖に分解されることにより、脳や筋肉が活発に働くためのエネルギーの元となります。

 

糖分そのものは、人間の体がしっかり活動する為にとても重要な栄養なんです。

 

疲れていると言う事は疲労がたまっているということなので、糖分で補おうとするのは人間の本能とも言えます。

 

なので、甘いものを食べる事をすべてやめる必要はありませんが、食べすぎは厳禁です。

 

 

一般的なお菓子等に含まれる砂糖は、お米等に含まれる糖分とは違います。

 

お菓子に含まれる砂糖(糖分)は、比較的短時間で分解⇒、吸収されるので、肝臓で中性脂肪に合成されやすいのが特徴なんです。

 

あまりにも過剰に取り過ぎると、中性脂肪の基準値がどうこうだけでなく、糖尿病へ進行する危険性もあります。

 

やはりなんでもほどほどが一番ですから、お菓子も時々なら問題ありませんが、出来れば甘さ控えめな物を意識して選ぶようにしていきましょう。

 

それでも心配ならば、ストレス解消にスポーツやカラオケで熱唱でもいいと思いますし、疲労回復に整体やマッサージなども良いですし、特におススメしたいのが、「お灸」とかも有効な手段だと思います。

 

肥満対策サプリ「シボヘール」レビューはこちら